給湯器は水道業者の修理で十分なケースも

毎日使い続けている給湯器は、どうしても経年劣化してしまう家電製品です。ある程度の年数が経過したら、交換も視野に入れなければなりません。しかし比較的まだ交換して間もなく、異変に気付いて早めに水道業者などに連絡すれば、修理して今のものを引き続き使えるかもしれません。

■温度が安定しない場合には注意

依然と比較して、お湯になるまでに少し時間がかかるといったことはないですか。時間がかかっても、結局お湯になるなら大丈夫と思っている人もいるかもしれません。しかしこれは故障の前兆の可能性が高いです。給湯器 修理業者に連絡して、一度チェックしてもらうのがおすすめです。
そのほかにはシャワーを使っている際に、温度設定を変えたわけではないにもかかわらず途中で冷たくなる、熱くなるなど温度が一定しない場合も注意が必要です。この場合も、故障しかけている可能性が高いです。


■作動させると異音がする場合も故障の前兆

通常給湯器を動かす場合、大きな音は出ません。ところが作動させた際、異常音がするものも時たま見られます。具体的にはガン、ポンといった音です。このような場合には、水道業者に速やかに連絡し、問題が起きていないか専門家に見てもらったほうがいいです。
ただしジュージュー、ウーン、ブーンといった音の場合、ファンやポンプの動作音、もしくは水が蒸発したときの音の可能性が高いです。正常に動いていることの証拠のため、気にする必要はないです。


■まとめ
毎日使う家庭も多い給湯器は、故障して使えなくなると困ってしまいます。このため、完全に故障する前に前兆となる症状が見られた段階で早めに手を打つことが大事です。早い段階で水道業者に修理を依頼すれば、大掛かりな作業無しで問題解決できるかもしれません。気になることがあれば、専門家に相談することが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ