給湯器で水漏れしたら水道修理する必要はあるのか

冬場を中心に厳しい寒さの時には、給湯器が活躍します。このオンシーズンの時、もし故障して動かなくなったらどうでしょうか。お湯が出なくなるとお風呂に入れないのはもちろんのこと、手や食器を洗う際にも水しか出ないため、かなり厳しいです。給湯器 水漏れの修理が必要かどうかについて紹介します。

■長期間使っていない場合にはしばらく様子を見る

帰省や旅行、出張などでしばらく使用していないと、水抜き栓から水がぽたぽた出てくることがあります。これは故障ではなく、内部の減圧のための水と考えられます。もししばらく使っていないようであれば、お湯を出して水が温かくなれば問題はありません。
この水抜き栓は、内部の圧力が高まったときに水を排出するためのパーツです。この部分から水が出ているようであれば、問題なく機能しているといえます。逆に言えば、この部分以外の場所から水漏れが発生しているのであれば、何らかの不具合が発生している可能性が高いです。

■経年劣化で発生する場合も

給湯器はほとんどの家庭で毎日多かれ少なかれ使用しているものです。このため、どうしても時間が経過すればするほど壊れやすくなります。一般的に7年から10年も経過すると、どこかで不具合が発生してもおかしくないです。パッキンなどのゴム製品の劣化の場合、新しいパーツと交換する修理で対応できるかもしれません。
しかしそのほかのパーツの劣化の場合、修理よりも買い替えしたほうがいいケースもあります。まずは水道の専門業者に見てもらって、交換すべきか修理すべきか相談してみましょう。


■まとめ
夏場の厳しい暑さの場合、水しか出なくても何とかなるかもしれません。しかし冬で外気が冷たい時にお湯が出なくなると困ります。水漏れなどのトラブルが発生したのであれば、水道の専門業者に連絡して修理など適切な対処を依頼すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ